肝機能数値が高い原因

肝機能改善サプリランキング

 

秋の健康診断の結果は返ってきましたか?
肝機能の数値が高いと言われてしまった方はいませんか?

 

肝機能を表す数値には主にγ-GTP、GOT(AST)、GPT(ALT)の3つがあります。

 

γ-GTP

まず、γ-GTPですが、これは肝臓だけでなく腎臓やすい臓、
脾臓、小腸などに含まれている酵素で、解毒に関係しています。
アルコールに反応することが特徴です。

 

このγ-GTPは肝臓や胆管の状態を示す一つの指標であり、
肝臓や胆管がどれくらい壊れているかを示します。

 

γ-GTP値が高いということは
すなわち、肝臓の細胞が壊されている可能性が考えられます。

 

特にアルコール性の肝障害や、胆石ができてしまったときに数値が上がると言われています。

 

GOT(AST) GPT(ALT)

次にGOT(AST)、GPT(ALT)ですが、両方ともアミノ酸をつくり出す酵素です。

 

GPT(ALT)のほとんどは肝臓に存在しますが、
GOT(AST)は、肝臓以外にも、心臓の筋肉や手足の筋肉、赤血球などにも含まれています。

 

肝臓の細胞が壊されると、血液中にGPT(ALT)、GOT(AST)が流れ出し、数値が上昇します。

 

したがって、肝機能に異常があった場合は、
ほとんどの場合GPT(ALT)、GOT(AST)両方の数値が上がります。

 

GPT(ALT)の大部分は肝細胞に含まれるので、
GPT(ALT)の数値が高い場合は、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝などの肝臓病が疑われます。

 

数値が高いとウイルス性肝炎の可能性も考えられます。
ただし、肝機能の数値が正常でも肝炎ウイルスに感染している可能性はゼロではありません。

 

一方でGOT(AST)の数値だけが高く、GPT(ALT)の数値が高くないといった場合は、
心筋梗塞や筋肉の組織破壊を疑うことができます。

 

肝機能改善サプリランキング

肝機能数値を下げる方法

肝機能の数値が高いと言われてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

どうしたら数値が下がるのでしょうか?

それは肝臓を休めることが一番効果的です。
肝臓が壊れた結果、γ-GTP、GPT(ALT)、GOT(AST)といった数値が上がるわけですから、
肝臓を休め、回復させることによってそれらの数値は下がるはずです。

アルコール・脂っこい食事を避ける

肝臓はアルコールや脂肪の代謝に大きくかかわっており、
特にγ-GTPについてはアルコールに敏感に反応します。

 

まずはアルコールを控え、脂っこい食事を避けましょう。

 

肝臓を元気する

肝臓を元気にするためには、良質なたんぱく質を摂取することをおすすめします。

 

魚、肉、大豆などの良質なたんぱく質を食べることが効果的だとされています。
そうすることによって肝臓の再構築が進みます。

 

ビタミン・ミネラルを摂取

ビタミン、ミネラルをバランスよく摂ることも大切です。
肝臓に良いとされているビタミンはA、C、E、B1、B12。

 

レバーやウナギ、シジミ、ゴマなどは、これらのビタミンや、鉄分・リンなどのミネラルが豊富に含まれています。
特にシジミはタウリンやオルニチンなどのアミノ酸もたくさん含まれているので肝臓に良い食べ物として有名ですね。

 

毎日毎日バランスのとれた食事を欠かさずとるのはなかなか難しいですが、
いろいろなサプリメントがあります。
良質なサプリメントを選んで飲んでみるのも一つの手です。

 

適度な運動

適度な運動が効果的です。

 

脂肪肝が原因でγ-GTPの数値が高くなっている場合などには、
適度な有酸素運動がおすすめです。

 

激しすぎる運動は逆にGPT(ALT)、GOT(AST)を上げてしまいますので注意してください。

 

規則正しい生活

また、睡眠不足やストレスなどは、肝臓だけでなく、万病のもとです。
睡眠をしっかりとり、ストレスを発散して規則正しい生活を送ることが
肝機能数値を下げ、健康へ近づく第一歩となります。

 

以上の対策はあくまでも、数値が「やや高い」といったレベルの人向けです。
数値が突出して高くなっている場合には何らかの病気が疑われますから、病院で精密検査を受けてくださいね。

 

肝機能改善サプリランキング

肝臓の病気の初期症状

肝臓を作っている肝細胞は再生能力に長けており、
破壊されてもすぐに再生することができます。

 

そのため、体内の中でも特に頑丈な臓器として知られていますが、
そのぶん病気になった際の自覚症状に乏しく、
肝臓の病気を見逃しやすいという欠点があります。


特に肝臓の病気の初期症状は疲れた時や風邪を引いた時の症状とよく似ているので、
気になる症状が現れたときは単なる疲労と見過ごさず、病院を受診するよう心がけましょう。

 

ちなみに、肝臓の病気の初期症状は大きく分けると以下2つに分類されます。

自覚症状

痛みや不快感など、疾患した本人でなければわからない状態や症状のことです。

 

肝臓病の主な自覚症状には下記のものが挙げられます。

  • 体のだるさ
  • 微熱
  • 食欲不振
  • 腹部の膨張感
  • 息切れ
  • 体のかゆみ

 

また、急に脂っこいものが食べられなくなったり、
強かったお酒に急に弱くなったりした場合も要注意。

 

肝機能が低下している証拠と言えます。


他覚症状

自分以外の他人にもはっきりとわかる症状のことで、
上記の自覚症状を見逃して症状が進行すると徐々に現れるようになります。

 

主な症状は以下10個となります。

 

  1. 爪が白くなり、バチ状になる
  2. 少しぶつけただけで出血する
  3. 手のひらが赤くなる
  4. 便の色が白っぽい
  5. 尿が濃い
  6. 尿が黄色い
  7. 白めが黄色い
  8. 背中や肩などに赤い斑点ができる
  9. 右上の腹部からみぞおちにかけて腫れている
  10. 男性の場合、乳房が大きくなる

 

上記のような他覚症状が1つでも当てはまる場合、
すでに肝臓は健康とは言えない状態なので毎日の生活習慣を見直す必要があります。

 

特に6番から10番までのいずれかに当てはまった場合は肝臓病の疑いあり。


たとえば8番はクモ状血管腫と呼ばれる症状で、
肝臓で処理できない女性ホルモン「エストロゲン」が血中に流れ出して末梢血管を拡張し、
血液の量が増えた結果、赤い斑点がみられるようになります。

 

また、9番は腹部を蛇行している静脈が浮き出て見える腹壁静脈の怒張という症状で、
肝臓の血流が悪くなっている証拠と言えます。

 

6〜10番に当てはまらなかった場合でも、ほかの他覚症状が2〜3個以上見られる場合は
肝機能が低下しているか、もしくは肝臓の病気にかかっているおそれがあるので、
専門医を受診することをおすすめします。

しじみは優れた肝機能改善食

昔から「二日酔いの時や肝臓が弱っている時はしじみ汁を飲むと良い」と言われていますが、科学的にも立証されています。

 

しじみには肝臓を保護するために必要なタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていますが、中でも注目されているのがアミノ酸の一種であるタウリンです。


 

脂肪の代謝を助ける胆汁の主成分「胆汁酸」は、
コレステロールにタウリンをはじめとするアミノ酸が結合した構造となっています。

 

胆汁酸は脂肪の消化・吸収を助けた後に分解されますが、
この時、結合していたタウリンやグリシンは吸収され、再び肝臓に戻っていきます。

 

この一連の流れを「腸肝循環」と言い、
肝機能が正常に働いている体では、腸肝循環がスムーズに行われています。

 

しかし、肝臓病を発症したり、肝機能の低下が進んだりすると、胆汁の流れが悪くなり、
皮膚などが黄色く変色する黄疸症状が出てきてしまいます。

 

このような時にしじみを食べると、タウリンのはたらきで胆汁の流れが改善され、
黄疸症状を軽減することが可能となります。

 

また、タウリンには胆汁の流れを改善するほかに肝臓の細胞膜を強化するはたらきもあり、
アルコールの過剰摂取によって発生した活性酸素の除去に優れた効果を発揮します。

 

 

以上のことから、しじみは数ある食材の中でも特に肝機能改善に有効な貝類として知られていますが、実は肝臓病が悪化している方がしじみを食べると、肝臓が良くなるどころか、
逆効果になるおそれも指摘されています。

 

 

問題となっているのは、しじみに豊富に含まれるミネラルの一種、鉄分です。

 

鉄分は健康な人にとっては貧血予防に役立つ重要な栄養素のひとつですが、
肝炎を発症していると体内の鉄の量が異常に多くなり、活性酸素発生の原因になってしまうのです。

活性酸素は肝細胞を傷つけ、さらに肝炎を悪化させる要因になりますので、
すでに肝臓病と診断されている場合は医師の指導のもと、
鉄分を調整しながら食事することが大切です。

肝臓の病気は血液検査でチェック

肝臓は沈黙の臓器とも言われており、たとえ病気を患っていても、
なかなか自覚しにくい傾向にあります。

 

そのため、多くの人は肝臓の病気に気づきにくく、病院を受診した時にはすでに病状がかなり進行しているというケースも少なくありません。

 

肝臓病に限らず、すべての病気は早期発見・早期治療が基本ですので、日頃からこまめに健康診断を受けておくことが大切です。

 

健康診断で肝臓病の検査を受ける場合、医師による問診のあと、血液検査と尿検査が行われます。

 

肝機能を調べる血液検査の項目は全部で20種類以上ありますが、
中でも以下の項目は特に重要なポイントで、肝臓病の鑑別診断の基準となっています。

 

GOT、GPT

グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ(GOT)、グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ(GPT)はそれぞれAST、ALTとも呼ばれる検査項目です。
両方とも肝細胞の中に存在する酵素の一種で、アミノ酸を代謝する重要な役割を担っています。

肝障害が発生すると、両者とも血液中に流れ出して量が増えるので、
病気の度合いをはかる基準となります。

ちなみに両者の比率は肝臓の病気の種類や進行度によって異なっており、
慢性肝炎や脂肪肝ではGPTが上昇する一方、GOT値は1以下となっていますが、
アルコール性脂肪肝や肝硬変になるとGOT値は1以上に上昇。
さらに肝がんなどに進行すると2〜3まで上昇していきます。

 

LDH

乳酸脱水素酵素のことで、肝臓における糖質の代謝に深く関わっています。

 

肝臓のほか、腎臓や心筋、骨格筋、ガン細胞などに多く含まれており、
肝細胞に障害が発生すると血中のLDHが増加します。

 

ちなみに正常値は50〜400IU/L。他の検査と合わせて肝臓の病気が診断されます。

 

γ・GTP

ガンマ・グルタミルトランスペプチダーゼの略称で、
肝臓などの細胞組織に含まれている酵素の一種です。

 

肝臓に障害が起こると血中に流れ出るため、
慢性肝炎や肝硬変、肝がんなどになると検査値が上昇します。

 

特にアルコールによって肝細胞の生成が促されると増加する傾向にあるため、
飲酒習慣のある人の約半数にγ・GTP値の上昇が見られます。

 

ちなみに、アルコール性肝障害の場合は、ほぼ100%の割合でγ・GTP値が上昇しています。

 

ALP

アルカリホスファターゼと呼ばれる酵素で、リン酸化合物を分解するはたらきを持っています。

 

主に肝臓や腎臓、骨、腸粘膜で作られていますが、
胆石や胆道ガンなどで胆道がふさがると胆汁の流れが悪くなり、
胆汁中にあるALPが逆流して血液に流れ込んでしまいます。

 

すると、肝細胞内でのALP生成が促進されるため、
数値はどんどん上昇する傾向にあります。

こんなにあります!肝機能改善の方法

肝機能を改善するサプリをまだ知らないの?  肝機能を改善するレシピを大公開!  肝機能を改善させる食べ物たち 肝機能改善ドリンクを作ろう! 肝機能改善のツボ  肝臓病改善に役立つ運動法
更新履歴